梨状筋症候群

  • お尻の周辺に痛みや違和感がある
  • 座っていると痛みが強くなる
  • お尻や太ももから足にかけてしびれや痛みがある
  • 安静にしていても良くならない

もう大丈夫です!当院には、梨状筋症候群でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

梨状筋症候群は、適切な処置をせずに放置すると、痛みやしびれが慢性化してしまい改善に時間がかかってしまったり、再発を繰り返してしまうことが考えられます。

ですので、症状を自覚したらできる限り早期の対応をお勧めします。

もしあなたが梨状筋症候群でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

梨状筋症候群とは

梨状筋症候群はお尻から足にかけてある梨状筋という筋肉が固くなり、梨状筋の下にある坐骨神経を圧迫することでお尻から足にかけて痛みやしびれが生じる疾患です。

放っておくとお尻や足にかけての痛みやしびれが悪化し、長時間座っているのが難しくなってきます。

梨状筋症候群(臀部の痛み) | 沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

梨状筋症候群の原因

梨状筋症候群の原因は足を組んで座っていたり姿勢不良で骨盤が歪んでいる、長時間のデスクワークなどが挙げられます。

姿勢不良や筋肉・関節の硬さを放置しておくと、また痛めてしまう可能性が高くなってしまいます。

お尻から足にかけての痛みやしびれで仕事や日常生活にを支障をきたすことがあるため早期の処置が大切です!

当院が梨状筋症候群改善に際して大切にしていること

curesta鍼灸接骨院では、梨状筋症候群の改善にあたり、その場の痛みを取るだけではなく、快適な状態を長く維持し、今後痛みを繰り返さない身体をつくることを大切にしています。

なぜなら梨状筋症候群は前述したように再発しやすい症状で、一度かかった方の多くが再発を繰り返しているからです。

梨状筋症候群になるのには明確な原因があります。

ただ痛みを抑えるだけでは不十分で、根本となる原因を解消して初めて梨状筋症候群が改善したと言えるのです。

では、梨状筋症候群の原因とは何なのでしょうか。当院では、以下の3つだと考えています。

1.股関節の使いすぎ

2.骨盤の歪み

3.身体を支える筋力(インナーマッスル)の不足

そこで当院では、「股関節の柔軟性の強化」「正しい姿勢(骨盤矯正)」「筋力(インナーマッスル)の強化」の3つを重視した施術を行います。
「今の痛みがなくなればOK!」ではなく、今後も見据えた原因にアプローチした施術で、あなたの症状を真の改善に導き、今後も痛みの出にくい身体づくりを一緒に目指していきます。

あなたは今まで梨状筋症候群に対してどのような処置を行ってきましたか?

一般的に整形外科では、問診の後でレントゲン検査を行います。そして、そのレントゲンを基に骨の異常の有無などを確認した後、電気治療や牽引機(けんいんき)による処置、湿布や痛み止めの処方で終わることが多いようです。
いずれも痛みが引くことを目的としており、原因の解消というところまでは対応されないことがほとんどのようです。

他の接骨院や整体院では、マッサージでお尻周りの筋肉をほぐすことが多いようです。

軽い症状の場合、整形外科や一般的な接骨院(整骨院)などで梨状筋症候群が改善される場合もありますが、実際には、
・マッサージを受けるとその時は楽になるが、すぐに元に戻るので終わりが見えない
・長い間通院しても症状が改善しない
・先生の詳しい説明がなく、今の自分の身体の状態がわからず不安になった。

と悩まれている方も多くいらっしゃいます。

当院での梨状筋症候群に対するアプローチ

curesta鍼灸接骨院では、梨状筋症候群の原因を「股関節の使いすぎ」と「身体を支える筋力不足」と「骨盤の歪み」だと考えています。

したがって、施術にあたっては、痛みやケガで硬くなった組織を柔軟にし、姿勢不良(骨盤の歪み)を矯正することで身体を本来の良い状態に回復させることを大切にしています。

さらに、身体が整ったら、その良い状態を維持するために筋力トレーニングを行います
こちらは、通院して機械を用いてトレーニングをするか、ご自身でセルフトレーニングするかをお選びいただけます。

このように、原因に対して徹底的にアプローチをかけることで、痛みを繰り返しにくい身体づくりを一緒に目指していきたいと考えています。

もしあなたが梨状筋症候群でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。